オリオン形而上学研究所

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
  • サイトマップ
  • 個人情報保護
ホーム > 白銀比・黄金比の幾何学 > 黄金菱形と白銀二乗菱形による平面充填(タイル貼り)
白銀比・黄金比の幾何学

黄金菱形と白銀二乗菱形による平面充填(タイル貼り)

黄金菱形と白銀二乗菱形による平面充填(タイル貼り)

黄金比とは 1 : \frac{1 + \sqrt{5}}{2}  ,白銀二乗比とは白銀比 1 : √2 の二乗,すなわち 1 : 2 の比のことである.また,黄金菱形とは対角線の長さの比が黄金比になる菱形のことであり,白銀二乗菱形とは対角線の長さの比が白銀二乗比になる菱形のことである.2010年6月末,筆者は,「黄金菱形と白銀二乗菱形の組み合わせで平面充填が可能になる」という事実を新たに見出したが,この論文はそれをあらためて纏めたものである.

さらに詳しい内容に興味のある方は、下記のPDF資料をご覧ください。

黄金菱形と白銀二乗菱形による平面充填 Jan15 12

コメントを残す

PAGE TOP