オリオン形而上学研究所

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
  • サイトマップ
  • 個人情報保護
ホーム > 海外最先端情報
 » 海外最先端情報
アル・マイナー&スーザン・マイナー両氏からのラマ・シング情報

アル・マイナー&スーザン・マイナー両氏からのラマ・シング情報

ピーター・ムーン氏から提供される最先端情報

ピーター・ムーン氏から提供される最先端情報

ゴードン・マイケル・スキャリオン氏から提供される最先端情報

ゴードン・マイケル・スキャリオン氏から提供される最先端情報

“海外最先端情報” への2件のフィードバック

  1. 青木龍 より:

    月間フナイを読み金原さんのサイトを知りました。内容に興味があり情報にアクセスしようと思いました。知らないことが多くあり未知な領域ですが関心があります。具体的にはシャンバラなどの伝説と言われる場所が実際にあるのかどうか?超古代文明と言われ現在の科学技術を凌駕する文明が過去にありその遺跡や実際に確かめられる技術が現存するのかどうか?そしてもしそれがあるのなら何故極秘にしているのか?実際にいまの世界で情報を統制して人類を支配するためのマインドコントロールが行われている事実があるのか?もしその人類を統制するために極秘の情報を握っている機関や組織があるのなら、その極秘情報が何故そこまで知られる事を恐れるのか?ただ権力維持のためだけに極秘にしているのか?支配構造に混乱を招かないように極秘にしているのか?どうなるか予測がつかないので混乱を避けるために慎重になっているのか?バレるとまずいことがあるのか?その技術を独占していたいだけなのか?謎の部分が多くあり過ぎて嘘なら嘘で解決したいし真実ならその技術とは一体どんなもので実際に私や周りの人の生活、人生にどんな影響を与えるものなのか?そのような未知な部分に対しての好奇心と真実探求の欲望があります。

    • 金原 博昭 より:

      投稿してくださり、ありがとうございました。青木さんからの数多くの疑問や質問にお答えするのは大変ですが、私の書いた翻訳・解説記事が2年半ほど前より月刊情報誌『ザ・フナイ』に掲載されていますので、それを読んでいただければ、疑問のいくつかに対する回答が得られるものと思います。特に今年6月号からスタートした新たな連載『エジプトの謎:第一のトンネル』は、さらに参考になるものと思います。この雑誌の巻末についているハガキを使ってコメントして頂ければ、私の記事の解説部分で、できる限りご質問にお答えしたいと思います。

コメントを残す

PAGE TOP