オリオン形而上学研究所

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
  • サイトマップ
  • 個人情報保護
ホーム > 海外最先端情報 > ゴードン・マイケル・スキャリオン氏から提供される最先端情報 > 分極化した社会からの回帰・回復:    木星からの影響
ゴードン・マイケル・スキャリオン氏から提供される最先端情報

分極化した社会からの回帰・回復:    木星からの影響

今日(2013年6月3日)は、ゴードン・マイケル・スキャリオン氏からの最新情報をお届けします。今日のテーマは『分極化した社会からの回帰・回復』です。

社会の分極化

21世紀の初頭、スキャリオン氏は、「世界全体が分極化した社会に移行しつつあり、それはすべての国々に影響を与える」と予測しました。その予測通り私たちは、それ以降十数年間にわたって分極化した社会の中で生活してきました。しかし今年2013年に入ってから、新たな予測として、スキャリオン氏は次のように述べました—–私たちの社会は分極化のピークに達し、これから新たなサイクルが始まる、そして、政治・経済・環境・社会構造等の面で、前向きかつ相互に有益な傾向が強まる。スキャリオン氏は、分極化による影響は今後数年間で徐々に弱まると見ていますが、彼はまた次の点にも留意すべきであると言っています—–これらは即刻の転換ではなく、ゆっくりとした変化として起きて、私たちの意識を徐々に変えていく

分極化が弱まる理由

上記の分極化は、地球自身の磁気力のみならず太陽系最大の惑星である木星から発せられている磁気エネルギーに起因します。木星からの影響は長期間に及び、私たちの信念体系や生活パターンを

太陽系最大の惑星である木星

固定しがちになりますが、地球の磁気力からも二次的でより小さな影響が生み出されています。これは、地球の磁場全体から放射されるエネルギーとして、最も良く理解することができます。過去一世紀の期間中、変動の中の定常状態にありましたが、地球の惑星としての力、および、ある程度は太陽の力に起因して、この磁場は弱まってきています。そして、これらの力がエネルギー的に弱まるに従って、さらに大きな変動が地球に生じ、最終的には宇宙空間における地球の位置がずれてしまうのです。

人類への影響

人間の体は 常にこれらの磁力線を浴びています。表面上は取るに足りない程の強さですが、それにもかかわらず、絶え間なく個々人の意識に影響を及ぼしています。その影響の程度は、その人の魂がどのような旅をしているかによって決まります。それは、その人のカルマと言ってもよいでしょう。カルマは必ずしも否定的で悪い影響を及ぼすものではありません。むしろ個々人の人生目的の達成を可能にする推進力とみなすべきなのです。さて、今年になって分極化が減退し始めるに従い、それが人々へ与える影響も変化していきます。この場合は、人々の過去の見解や姿勢・態度を再評価し、あるいはそれを変え得る機会を提供するでしょう。そして、多くの人々にとってこの流れは、人生におけるさらなる均衡や調和の希求へと向かい、平和で穏やかな社会の実現に近づくような動きを創り出すことでしょう。

前述したように、これは即時の変化ではありません。しかし、意識して見るように心掛ければ、私たちの日々の生活、あるいは、ラジオ・テレビ・インターネットで報道されるニュースにおいて、分極化が減退して時代遅れになっていくのを目の当たりにすることができます。この変化してゆくエネルギーがら最大限の恩恵を受けるには、変化に逆らうのではなく、変化とともに動き、進んで行くことが大切です。

コメントを残す

PAGE TOP