オリオン形而上学研究所

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
  • サイトマップ
  • 個人情報保護
ホーム > 海外最先端情報 > ゴードン・マイケル・スキャリオン氏から提供される最先端情報
ゴードン・マイケル・スキャリオン氏から提供される最先端情報

ゴードン・マイケル・スキャリオン氏から提供される最先端情報

ゴードン・マイケル・スキャリオンのプロフィール

ゴードン・マイケル・スキャリオンは、未来予見者かつ意識研究分野の第一人者であり、ベストセラーになった本、”Notes from the Cosmos: A Futurist’s Insights Into the World of Dream Prophecy and Intuition”の著者です。電子工学を専攻。1979年に健康上の危機に見舞われましたが、それがきっかけとなって自己再発見に導かれ、究極的に高次の意識状態に至る能力が開発されました。それにより彼は、「テクノロジー・社会形態」から「生まれつき超能力をもった子供たちの意識状態」に至るまでの未来世界の状況を予見できるようになりました。

配偶者兼仕事上のパートナーであるシンシア・キース氏と共に、米国北東部ニューハンプシャー州に在住。両氏は、過去30年にわたって形而上学・意識研究についての情報を発信し、直観力開発のための学習計画を制作してきました。

スキャリオン氏の卓越した洞察力は、NBC,CBC,CNBC、フォックス・テレビ、「未解決の謎」チャンネル、デイスカバリー・チャンネル、ラーニング・チャンネル、アート・ベル放送、コースト・トウー・コースト・チャンネル等の特集番組において紹介されており、さらに、インターネットや季刊ニュース・レター “Intuitive Flash(直観の閃き)” 等によって全世界に伝えられました。スキャリオン氏による最新の未来予測、およびキース氏執筆の健康と環境に関する記事『ありのままに生きる』が、このニュース・レターの目玉でした。

1997年に出版されたスキャリオン氏の著作”Notes from the Cosmos:A Futurist’s Insights into the World of Dream Prophecy and Intuition”は米国においてベストセラーになりましたが、不思議なことに、その日本語版はこれまで出版されませんでした。しかし幸運にも、私がその中身を章毎に翻訳して解説を加えた記事が、月間情報誌『ザ・フナイ』に掲載されることになりました。全部で18回にわたるこの連載は2018年4月号で完結することになっています。その後、これらの記事をまとめて1冊の単行本にする計画です。日本語のタイトルはまだ決まっていませんが、原著のタイトルをそのまま和訳すると、『宇宙起源の覚書:未来予見者による夢予知と直観に基づく洞察』のようになります。とりあえず、内容紹介として、これまでに『ザ・フナイ』に掲載された記事のタイトルを一覧表にしたものを添付しておきます。『ザ・フナイ』に掲載された翻訳解説記事(PDF)

日本ではこの分野の翻訳本が沢山出版されていますが、私の知る限り、”Notes from the Cosmos”に含まれている情報の大部分は、これまで、どの既刊本にも掲載されませんでした。2012年2月・3月に、エジプト・ギザの大ピラミッドに関する新事実を明らかにした衝撃のドキュメンタリー映画、『ピラミッド 5000年の嘘』が、全国のロードショー館で劇場公開されました。この映画において、大ピラミッドが、一般に信じられている正四角錐形状ではなく、二等辺三角形の4面各々がさらに2つに分割された八角錐形状であることが述べられています。これは事実のようですが、大ピラミッドにはさらに秘密があり、それは残念ながらこの映画においては明らかにされていないようです。それは、地表の上に見える部分は上半分だけであって地下に残りの半分が埋まっている、という点です。すなわち、大ピラミッドは基本的に八面体形状であるということです。上記の、”Notes from the Cosmos”の中の一つの章が大ピラミッドに関するものですが、この点のみならず、大ピラミッドがイニシエーションのためのタイムマシンであることが、詳細に述べられています。この情報は『ザ・フナイ』2016年6月号の記事『大ピラミッドと記録の間の秘密』に網羅されています。

スキャリオン氏とキース氏は、形而上学分野のさまざまのプロジェクトを編成し組織化するための会社Matrix Instituteを設立し、『未来の米国地図』及び『未来の世界地図』の印刷・発行、月刊のニュース・レター『地球の変動についてのレポート』の発行、上記の本”Notes from the Cosmos“の発行等を行いました。その後この月刊のニュース・レターは、季刊のニュース・レター”Intuitive Flash(直観の閃き)”に変わり、インターネットのホームページからさまざまの最新情報が発信されるようになりました。スキャリオン氏によるこのような啓蒙活動は2016年まで行われましたが、スキャリオン氏の健康状態に問題が生じたため現在休止中です。

「ゴードン・マイケル・スキャリオン氏から提供される最先端情報」の一覧

PAGE TOP